子犬に関する情報が満載!

リトルドッグ

子犬の里親になってみよう

ペットを飼うことを想像した時、まず思い浮かぶのが犬ではないでしょうか。
飼い主に忠実で、古くから人間の相棒として飼育されてきた動物です。
子犬を迎え入れる時、日本では多くがペットショップを経由して各家庭にやってきます。
ペット先進国の欧米のように、ブリーダーから直接購入する家庭もありますが、まだ少数派です。
ペットショップを経由することの弊害は、子犬のうちに母犬から離されてしまい十分に免疫ができていなかったり、先天性の病気が見つけにくく問題になるケースがあります。
最大の問題は、動物の命が商売道具になってしまい、売れ残った犬が殺処分される場合があることです。
売れ残った子犬や、飼い主に捨てられてしまった犬、迷子などで保健所に連れてこられた犬などの里親になるのも、ペットを飼うときの選択肢です。
不幸な命を一つでも多く救うために、里親を募集する活動を精力的に行っている団体もあります。
そのような団体や保健所から犬を引き取り、新たに里親になることは、社会貢献のほかにもメリットがあります。
ワクチン注射代など最低限の金額を除いて購入費用が抑えられることや、トイレなどの簡単なしつけは済んでいるケースも多いのです。

子犬の里親になるには

皆さんは犬を飼いたいと考えたことはありますか。
もし考えたことがあるのでしたら、購入と里親のどちらを希望しましたか。
最近、動物を捨ててしまう人が多い反面、その動物を助ける人も多くなりました。
そのような方たちがみなさん、インターネット上などで里親を募集してるのです。
特に子犬は保護される数も多いかわりに里親になってくれる人の数も沢山いて、理由としてはやはりそばにいるなら子犬からと考えるからでしょう。
インターネット上を見てもらうと分かるのですが、その子犬がどのような性格か、予防接種を何回したかなどの詳細が詳しく記載されています。
それを頼りに自身が飼いたい犬を探してみましょう。
しかし実際には恋人探しのようになかなか思うようにはいかないようで、最終的に皆さんが言われるのは動物との相性です。
人間と動物の相性でパートナーが決まると考えておけばいいでしょう。
そう考えながらペットを探すと、あなたにピッタリの相棒を見つけることができるでしょう。

Favorite

Last update:2016/7/1


↑PAGE TOP

COPY RIGHT (C) リトルドッグ ALL RIGHT RESERVED