子犬に関する情報が満載!

リトルドッグ

しつけは子犬の時から始める!

犬のしつけは幼少期が肝心です。
やんちゃな盛りの子犬たちは可愛いですが、甘やかしてばかりではいけません。
動物にはある程度の反復学習能力が備わっています、そのため芸などは何度も繰り返し教えることで、少しづつ覚えていくのです。
エサやオヤツなどのご褒美を与えることにより、学習させた内容をより定着させることができるでしょう。
また、褒めたり叱ったりすることも大切です。
特に撫でる、叩くなどの触れ合いを通したスキンシップは非常に伝わりやすく、しつけには必須の行動といえます。
トイレや食事など、生活に必要不可欠な項目を教える際は、このようなボディランゲージによる教育が効果的です。
そして人に吠えたり噛みついたり、そういった悪癖を治すためには専門家の協力を得るようにしましょう。
下手に叱ったり叩いたりすると、子犬たちが心を閉ざしてしまうからです。
それが恐怖や不安心による威嚇なのか、敵対心からの威嚇かを知ることが、悪癖を治すポイントになります。

子犬のしつけを行う時のポイント

子犬のしつけを行う時にやってしまいがちなのが怒ってしまう事ではないでしょうか。
粗相をしてしまった時や言う事を聞かない時などにはつい怒ってしまう方も少なくないようですが、怒っても犬は学ばないという事を覚えておいた方が良いでしょう。
また、怒る事によって信頼関係を損ねてしまう恐れがありますし、さらには怒られている事を構ってくれている事と勘違いし、誤って覚えてしまう可能性があるのです。
その為、怒れば怒るほどやってほしくない事をやるようになる事もありますので、怒らずにしつけを行う事が大切です。
基本的にしつけは褒めて行う事が大切と言われていますので、例えばトイレがきちんとできたら褒めるなど、褒めて伸ばすという事を意識した方が良いのです。
また、褒める際にはできるだけ早く褒めなければいけません。
時間的には1秒~3秒以内が良いとされていますので、トイレの訓練などを行う際には子犬の近くにいる事が望ましいと言えます。

recommend

通信コストの削減
http://line1.jp/

最終更新日:2015/7/3


↑PAGE TOP

COPY RIGHT (C) リトルドッグ ALL RIGHT RESERVED